必要不可欠なお付き合い

普段主婦は、働いてきたご主人から預かっている限られたお金の中でやりくりすることに慣れています。生活の中で、どれだけ出費を抑えられるかを熟知しているので、日々の生活において、極端な無駄遣いをしなければ、さほど困る事はないかもしれません。しかし、どうしてもそのやりくりに困るシチュエーションが出てきます。その代表例がお付き合いです。ご主人が会社の付き合いがあるように、主婦にも、色々な場面で必要不可欠なお付き合いがあります。そして、その際、どうしても出費が伴ってしまう時があります。
たとえば、ママ友達とのお付き合いが一番複雑かもしれません。子供が小さい頃は、親子でのお付き合いになるので、一緒にお出かけをして、ランチをすることや、お互いの家を行き来する際に手土産を持っていかなければならない事もあります。そして更には、お互いの子供のお誕生日ともなると、プレゼントをあげたりもすることがあります。
子供が大きくなると、親だけでのお付き合いが継続します。子供へのプレゼントや、子供のランチ代などは減りますが、その分、少し気取った場所に行けるようになるため、ランチの場所もグレードアップし、当然ランチ代も上がります。また夜集まろうという場合などもあります。するとランチの2、3倍の金額がかかったりします。
これらのお付き合いは、子供の学校の役員同士、はたまたご近所づきあいなど、どんどん増えていきます。男性から見ると、ただの無駄遣いに思えるかもしれませんが、いつもいつも断っていると、気まずくなる恐れがあるので、なかなか断りにくいのが現状です。
もちろん、そんな中でもストレスの発散ができたりもしていますが、結構気乗りしなくても行っている場合が多いのです。そんな時の出費が家計を圧迫することも少なくありません。そんな時は、できるだけ安い食材で豪華に見える料理を工夫して作ったり、自分の物をひたすら買わず我慢したりと、とにかくいつも以上にやりくりするだけです。

 

Leave a Comment